【実践7】床用パーツでバスタブや床・壁の掃除

リビングの床以外にも使えるフロアモップ

新バージョンのスチームファーストDXで浴室掃除をします。

浴室の床がヌメる感じがあります。バスマジックリンでも綺麗に出来る程度かなと思っていたので、そのままにしていました。

そんな時に、スチームファーストの床用モップを思い出しました。使用するのは、いつものナイロンブラシとフロアモップと延長棒1本です。

作業量から考えて、カップ一杯分だけ水を補充します。

旧バージョンは、本体のカバーについている蓋を上げてその中のボイラーのキャップを回してという形だったので、この位置だとキャップを外すのも楽でいいです。

スイッチもシンプルかつコンパクトになっています。

運転性能は、旧バージョンと同じです。

青いパイロットランプが消えて、準備が整ったら作業開始です。

速乾性の有る床でも、若干ヌルヌルと隙間の所々赤カビも見えています。

ドアの下の部分が少し汚れていたので、綺麗にして行こうと思います。

続いて、バスタブと台の隙間。

ナイロンブラシで少し擦れば、簡単に赤カビを簡単に落とせます。

今回は、新しいスチームクリーナーの操作性を確認するため、スチームマジックは使っていません。

延長ノズルが付いてさらに床までとなると距離が長くなる分、スチームの温度が下がるのではないかと心配になるかもしれません。スチームを当てた場所は、足を乗せるのをためらうくらい熱いです。

バスタブ内にも、問題なく使うことができました。

夏場はシャワーだけなので、バスタブの中にもうっすらと赤カビが発生しています。スチームファーストの熱でしっかり殺菌できて、気分良くお風呂に入ることができそうです。

バスタブだけじゃなく、浴室の壁だったり鏡だったりと、スチームクリーナーを1台持っていれば、洗剤やスポンジでガシガシ磨く必要も無くなります。

使い終わったフロアモップは、このまま洗えます。

浴室内をフロアモップを使って掃除した結果は、中々の満足度です。