ハンディタイプのスチームクリーナーを比較

ハンディ型スチームクリーナー比較表

ハンディ型は、全体的に安く購入できます。スチームクリーナー入門として、丁度良いと思います。

ハンディタイプのスチームクリーナーを性能や運転時間で比較してみました。

商品名 メーカー 噴射温度 加熱方式 運転時間 タンク容量 価格
SF-210 スチームファースト 100℃ ボイラー 8分 180ml 10,800 円
STM-304N-W アイリスオーヤマ 100℃ ボイラー 12分 0.3L 4,898 円
SC1クラシック ケルヒャー 不明 ボイラー 6分 0.2L 14,410 円
Comforday Aspectek 110℃以上 ボイラー 20分 不明 2,980 円
AKZ-9018 ドラゴンジェット 105℃ ボイラー 10分 300ml 4,000 円

スチームファースト・ミニ(SF-210)

タンク容量は、180mlとちょっと少なめで運転時間も8分程度と限られます。実際に使ってみて、特に困ったことはありません。

価格がセットで1万円を超えて来るので少し割高に感じますが、実際に使って十分なパワーが有ったので、その辺りを含めると妥当な価格なのかもしれません。

鍋やフライパンにこびりついたアク落としに便利です。

アイリスオーヤマ(STM-304N-W)

アイリスオーヤマのハンディタイプは、120cmのロングノズルが付いているので置いて使用できる使いやすさがあります。

力の弱いな女性の使用を考えると、ハンディの軽量なスチームクリーナーだとしても、タンクに水を入れるとそれなりに重さを感じるものです。

本体とノズルが別々になっていれば、腕の疲れも気にせず使えるので、ロングノズルは素晴らしい工夫だと思います。

ケルヒャー(SC1クラシック)

ケルヒャーのハンディタイプは、タンク容量が0.2L程度でありながら、ハイパワーの消費電力1200Wもあります。

この手のハイパワーコンパクトモデルは、短時間でいいから高出力を探している場合に適しているのかもしれません。価格は、キャニスタータイプと遜色ないので、作業効率を重視するなら判断は難しいところです。

Comforday

アマゾンで見つけました。驚かされるのは、3千円以下の価格です。

価格相応のチープな商品というのではなく、附属パーツなどが色々と揃っていて商品説明もしっかりと書かれていたので、これはどこまで信用していいものかと考えてしまいます。

しかも、本当なのか、「最大20分間の連続噴射が可能」と書かれていて、コンパクトなハンディタイプでこんなことが実現可能なのか考えてしまいます。タンク容量は、250mlのようです。

レビューの数も多く、全体的にばらけてはいるものの、満足しているという回答も多めでした。日本語が怪しいレビューが多い場合は、自作自演の可能性が高いので注意しましょう。

ドラゴンジェット(AKZ-9018)

レビューの数も割と多く、高評価も多かったスチームクリーナーです。特徴的だったのが、「思ったより良かった」という内容でした。

運転時間は10分、タンク容量は300mlです。コンパクトタイプのスチームクリーナーでは多い方です。電源コードの長さも十分です。

5メートルの電源コードが付いているので、コンセントが少し遠い場所にあったり、駐車場などでの作業でも活用の幅が広がりそうです。

持ち運び用ショルダーベルトもあるので、地面に置くことなく作業できるなどの多様性も含めると、価格も含め全体的なバランスが整っている印象を受けました。

中国製ではなく、ドイツ製な点も信用できます。

まとめ

ハンディタイプのスチームクリーナーは、アマゾンでレビューが付いているものを中心に比較してみました。

スチームファースト・ミニとは別に、もう一つハンディタイプのスチームクリーナーを購入するとしたら、使ってみたいなと思ったのは、ドラゴンジェット(AKZ-9018)です。

通常のノズル以外に、ホースタイプのノズルも別で用意されていること。電源コードも長いので、屋外作業や車の掃除にも便利そうです。