キャニスタータイプのスチームクリーナーを比較

キャニスター型スチームクリーナー比較表

主なキャニスタータイプのスペックは、以下の通りです。

商品名 メーカー 温度 待機 時間 容量 価格
SF-370WHDIR スチームファーストDX 100±10℃ 7分 45分 1.5L 19,800 円
STM-416-W アイリスオーヤマ 100℃ 14分 40分 1.5L 15,400 円
STM-410E アイリスオーヤマ 100℃ 8分 30分 1.0L 9,424 円
SC2 EasyFix ケルヒャー 100℃ 6分 30分 1.0L 19,937 円
SC4 プレミアム ケルヒャー 100℃ 4分 25分 0.8L 37,800 円

スチームファーストDX(SF-370WHDIR)

旧モデル(SF-275WHDIR)から、デザインを一変し、コンパクト、軽量化が実現しました。

前のモデルでも全然問題なく使う事が出来ていたものの、サイズ感とデザインが気になっていたので、改良されてコンパクトになったのは嬉しいところです。

旧モデルと今のタイプで、ノズルと電源コードの位置関係は一緒です。変更点は、ノズル側にホイールがあるのか、それとも逆かの違いです。

ボイラー性能だけだったスチームクリーナーから、使い勝手も考え改良されたのが改良版という印象を受けます。

アイリスオーヤマ(STM-416-W)

アイリスオーヤマのキャニスタータイプのスチームクリーナーは、ノズル先端が本体に収納できます。また、パーツ点数も多かったりと、主婦の使い勝手を考え広くカバーしているという印象があります。

価格設定も考えられています。

コストパフォーマンスは、他社より一歩二歩、先行している印象です。性能は、レビューを見る限りでは、価格相応~微妙なところかなと思いました。

アマゾンなどのレビューを見てみると、高評価レビューの多くは、サンプル使用者でした。

商品説明で浴槽の天井を掃除している写真が掲載されています。あの方法では、蒸気がしずくになってポタポタ垂れてきます。

アイリスオーヤマ(STM-410E)

アイリスオーヤマ2台目は、見た目でも十分わかるような廉価版という感じです。材料を節約して作った、キャニスタータイプのスチームクリーナーという印象があります。

カラーバリエーションは2色で、白色ベースの配色以外に黄色もありました。

若干ケルヒャーを彷彿とさせるデザインになっている事もあり、黄色ベースのデザインの方が見栄えが良いからか、色違いで2千円ほどの価格差があります。

できるだけ安くて、ハンディより運転時間が長いスチームクリーナーを探しているならは、キャニスターでこの安さは魅力かなと思います。

ケルヒャー(SC2 EasyFix)

デザインもケルヒャーっぽい感じがありますが、タンク容量は、1.0Lとやや小さめです。連続運転時間も30分程度となっているところが、実用性にどう影響するのか気になるところです。

ちょっと小さめのキャニスターが良いというのなら、ヒートアップタイムも6分と他より短めなので最適な一台となってくれるかもしれません。

ケルヒャーは、キャニスタータイプのスチームクリーナーが数種類出回っていたり、中古出品されているものも多くあります。どれを買えば良いのか、ケルヒャーの中だけでも迷子になってしまうのが、難しいところです。

まとめ

スチームクリーナーは高温の蒸気を出すので、安物を買うより安全性を重視したいところです。どの商品もトップメーカーのものなので、問題ないと思います。何かあっても保証はちゃんとしていると思います。

性能では、アイリスオーヤマのSTM-416-Wは、タンク容量や連続運転時間がスチームファーストに近いものの、運転待ち時間が長いのが気になりました。

対して、ケルヒャーのSC2 EasyFixは、タンク容量がちょっと小さくなることが気になります。

スチームファーストDXと比較すると、運転時間の長さを取るか、サイズを取るかの違いになるのかなと思います。