旧スチームファースト(SF-275)のレビュー

旧バージョン(SF-275)購入時のレビュー

新バージョンのスチームファーストDXを入手したので、旧バージョンのページを変更しました。

今後は、新バージョンのレビューを増やしていくこととなります。

性能自体は同じなので、にレビュー自体は残しています。

目次

スチームファーストのサイズを測ってみた

スチームファーストのようなキャニスタータイプのスチームクリーナーだと床に置いたまま移動する事になるので、実寸ではどの位なのかサイズを測ってみました。

▼本体の長さ

本体の長さは、40cm弱です。

公式サイトでは、44cmと書かれていたのでそちらが正確な数値だと思います。

▼本体の幅

本体の幅は、大体28cmでした。こちらは、公式サイトでも、28.2cmと大体同じ数値だったので相違ありません。

▼本体の高さ

持ち手を付けた状態での高さは、35cm程度でした。

少し斜めに測っているので、実際は、もう少し低いと思います。公式サイトには、33cmと書かれていたので、大体良いところでした。

▼ホースの長さ

ノズル先端からホース付け根までの長さは、およそ200cmです。床に置きながら、高いところの掃除にも使えそうです。

キャニスタータイプは、持ち上げて作業するワケにはいかないので、ホースの可動域が広い分、一度に掃除できる範囲が広がります。

▼電源コードの長さ

電源コードは、メジャーを先端から這わせて測ると490cmくらいでした。公式サイトの470cmより少し長かったですが、長いに越したことはありません。

▼トータルの長さ

コンセントの先端からノズルの先端までの長さをトータルすると、7m以上です。コンセントの長さはそのままで、本体からホースの出ているところまでは30cm程度と考えると720cmくらいです。

被覆のしっかりした電源コードは、延長コードを使わずに使用した方が安心です。十分な長さがあれば、床掃除で行ったり来たりしても一つのコンセントで済ませる事ができます。

各社スチームクリーナーの価格と運転時間

実際に購入に向けて以下のような候補を挙げ一通り調べてみました。

種類 品番 連続使用時間 通常販売価格 Amazon価格
スチームファースト SF-275WHDIR 約45分 ¥19,900 - ¥21,200 -
ケルヒャー SC1020 約30分 ¥18,333 - ¥13,800 -
ケルヒャー SC1040 約30分 ¥20,800 - ¥15,661 -
ケルヒャー SC3.000 約30分 ¥21,878 - ¥20,380 -
アイリスオーヤマ STM-410 約30分 ¥9,504 - ¥9,226 -
アイリスオーヤマ STM-415 約40分 ¥20,366 - ¥11,467 -
アイリスオーヤマ HSC220-W 約20分 ¥16,798 - ¥14,387 -
シャークスチームクリーナー SSAB01KD -- ¥19,800 - ¥10,900 -
シャーク スチームモップ -- -- ¥10,584 - ¥8,174 -
エレクトロラックス ESG303 約10分 ¥12,800 - ¥7,000 -

予算は、2万円以内に収めたいところです。

ケルヒャーのスチームクリーナーは、いくつもグレードが有りました。

SC4.100Cだと3万円以上するなど、色々と種類があるようなので少しワカリにくいのが難点です。

使いやすさならハンディタイプのものが便利なので、エレクトロラックスのESG303、他にも、ケルヒャーのSC1なども候補となりそうでした。やはり、タンク容量とスチームのパワーで考えると、ちょっと無しかなと思いました。

やはり、パワーと持続力が無いとイマイチな気がします。

家にある洗剤を断捨離する良い機会

油汚れのように落ちにくいものが、水をタンクに入れて使うだけで簡単に落とせるところがスチームクリーナーの魅力です。お陰で、今まで使用してきた色々な洗剤を使う必要が無くなります。

下手したら、重曹とクエン酸パウダー+スチームクリーナー位で家中の掃除が済むようになるかもしれません。

危険な洗剤を使わなくなれば、エコです。

ただし、こういう目の細かい隙間の頑固な油汚れは、スチームの威力だけできれいさっぱりとはいきません。洗剤だけ使って結局ベトベトが取れない状態よりは大分キレイになります。

殺菌力という意味でも、高温蒸気は強い味方です。

カビやヘドロの巣窟となる水場は、刺激の強いカビキラーなどは、排水溝やお風呂などを掃除する上で必要不可欠な存在となっています。ただし、皮膚に付着すると危険なのであまり使いたくはありません。

スチームクリーナーの高温蒸気によって洗浄と殺菌が同時に出来れば、一石二鳥。更に、刺激の強い洗剤不使用で健康上のリスクも減ります。

購入が殺到するのは年末の大掃除時期

ここ数年、スチームクリーナーの市場売り上げが伸びていて、年末に需要が集中しやすいそうです。

その理由は、年末の大掃除。

ジャパネットタカタなどの大手をはじめとして、様々なところでスチームクリーナーの販売が開始されます。

  • 実は、それほどお得ではない
  • 注文殺到で在庫切れする可能性

TVショッピングでは、期間限定でお得なキャンペーンのようなイメージがあります。実際は、ネット通販の方が通年安く買えたりします。

夏場に比べて、注文殺到で在庫切れする可能性があったり、届くのがいつもの2倍、3倍と遅れる場合もあります。

時期を待てば安くなるわけでもありません。製造が数年前の機種でも人気のあるものは、値崩れしない傾向が強いようです。

長時間使えるタフさの割に安い

スチームクリーナーの中でも、本格的なキャニスタータイプのものを買うとなると、結構高いような気がしていました。

キャニスターで2万円もしないスチームファーストの印象は、「性能が悪いんじゃないの?」と思っていました。

実際に使ってみたら、十分掃除しても蒸気が出続けます。タフに使えるとわかり安心しました。

付属品も充実しています。

メインのブラシを始め、掃除場所に応じて使えるパーツが10種類以上入っています。パーツの充実度を含めると、使う場所に応じて色々な洗剤を用意するより楽な気がします。

付属のパーツは、洗濯用のバスケットに入れておくとまとめて置けます。

ちなみに、このバスケットは、ニトリで千円以内で購入しました。

スチームファースト・ミニも一緒に入れています。

収納棚の下に置いておけば邪魔にもならないし、必要な時にさっと取り出せます。

スチームファーストを購入するには?

スチームファーストは、日本の正規代理店が最安値です。

価格を抑えて性能も妥協したくない場合、候補としてバランスの取れているスチームクリーナーです。

>>スチームファーストDX・正規代理店はこちら