スチームファーストDXの威力と実用性を検証してみた

性能や価格を比較して検証

「海外製のスチームファーストDXは、どこまで使い物になるのか?」

実用性を検証するため、実際に購入してみました。

このページでは、スチームファーストDXに決めた理由。製品のスペックや旧モデルからの変更点、最安値で購入するための注意点についてまとめています。

>>スチームファースト直営店はこちら

スチームファーストDXに決めた理由

まず、スチームクリーナーを選ぶ際、以下の条件を盛り込みました。

  • 蒸気温度が高い
  • 連続運転時間が長い
  • 扱いが簡単
  • 壊れない
  • メンテナンスフリー
  • パーツの充実度

スチームクリーナー選びで重視したのは、「効率よく作業できること」です。

条件に該当するボイラータイプのスチームクリーナーを一通り調べ、各製品のスペックをまとめてみました。

商品名 メーカー 温度 待機 時間 容量 価格
SF-370WHDIR スチームファーストDX 100±10℃ 7分 45分 1.5L 19,800 円
STM-416-W アイリスオーヤマ 100℃ 14分 40分 1.5L 15,400 円
STM-416-D アイリスオーヤマ 100℃ 14分 40分 1.5L 14,800 円
STM-410E アイリスオーヤマ 100℃ 8分 30分 1.0L 9,424 円
SC2 プレミアム ケルヒャー 100℃ 6分 30分 1.0L 17,875 円
SC2 EasyFix ケルヒャー 100℃ 6分 30分 1.0L 19,937 円
SC4 プレミアム ケルヒャー 100℃ 4分 25分 0.8L 37,800 円

蒸気温度は、どれも同じようなものでした。

一方で待機時間と連続運転時間は、スチームファーストDXがどちらも優れていることがわかります。ここが決め手となりました。

更に、付属パーツも充実しています。掃除に必要なものが一度に揃えられます。

他にも、専用洗剤「スチームマジック」が付属しています。こちらは、油系の汚れを落とす手間を減らしてくれます。

>>スチームファースト直営店はこちら

【特徴1】蒸気温度が「最高110℃」

スチームファーストDXの蒸気温度は、最高110℃です。

高温高圧の蒸気を一瞬だけでなく、連続で出し続けることができます。

スチームクリーナーには、「パネルタイプ」と「ボイラータイプ」の2種類があります。

ボイラータイプは、圧力釜と同じ原理で高圧蒸気を出します。短時間に高温蒸気を当て続けることが出来るので、汚れ落ちが良くなります。

熱に弱いプラスチック製品では、変形する恐れがあります。

【特徴2】運転時間は「45分」

スチームファーストDXのタンク容量は「1.5リットル」です。

連続運転時間が「45分」と長いので、掃除のほとんどが1回の補給で済みます。

高温のボイラーに水を補給するのは危険です。十分注意しましょう。

【特徴3】付属パーツが充実

スチームファーストDXは、付属パーツが充実しています。

キッチン周辺、フローリングやカーペット、窓など、用途に合わせたパーツが全て付属しています。

>>スチームファーストの付属パーツについて

改良によるサイズの変更

スチームファーストは、改良されて「スチームファーストDX」に変わりました。

大きな変更点は、形状です。

旧モデルと比べて、コンパクト・軽量化されています。

サイズが小さくなっても、ボイラー性能は変わりません。

本体のサイズをチェック

実際のサイズを確認するため、一通り測ってみます。

先端ノズルからホースの付け根までを測ってみます。

ホース全体の長さは、およそ190cmでした。旧モデルと同じです。

本体全長は35cmくらいでした。旧モデルより10cmコンパクトになりました。

本体の高さは、およそ18cmです。

旧モデルは、このように取っ手が上に突き出していました。これが無くなり、高さが半分になりました。

本体の幅は、およそ28cmでした。旧モデルとほぼ変わりません。

電源コードの長さは、およそ5mでした。こちらも変わりません。

3つの改善ポイント

形状変更により、改善されたポイントは3つです。

1つ目は、ホイールの位置です。

本体の前と後ろのホイールの距離が縮まり、取り回しが改善されました。

2つ目は、ボディに取っ手が追加されたことです。一体型になり、持ち運びしやすくなりました。

3つ目は、コードラップの追加です。

旧モデルの電源コードは、束ねるだけでした。本体に巻き付けられるようになったことで、邪魔にならずに済みます。

電源コードには、マジックテープのバンドが付いています。コードだけで束ねておくことも可能です。

レビュー

これまで、スチームファーストDXを使ってみて、特に良かったポイントを3つ紹介します。

1つ目:油で汚れたベタベタの雑巾を洗う手間が無くなりました。

蒸気で油を浮かせ、拭き取る。汚れが落ちにくい時は、スチームマジックをかけてから行えば、楽に取れるようになります。

2つ目:フローリングに残る素足のベタベタ汚れも手間が無くなりました。

モップ越しでも十分熱い蒸気が出ます。

フローリングワックスの種類によっては、注意が必要な場合があります。

3つ目:特に楽になったのは、鍋のこびりつきです。

鍋底に付いた麺の塊や鍋の周りに付いたアク。取るのが大変でした。

熱湯をかけても、スポンジでいくらこすっても取れない。

スチームファーストDXの蒸気を使ったら、簡単に取れました。

落としにくい汚れもあります。それでも、今までは、落とすのが大変だった汚れのほとんどが楽になりました。

用途は広いです。

  • キッチン周りしつこい油汚れ対策
  • 油のこびりついた鍋やフライパンの洗浄
  • 排水溝の汚れと殺菌を同時に行える
  • 石けんかすなどのヌルヌルを落とす
  • 高圧洗浄機でも取れない汚れを落とす
  • 熱湯よりも確実に汚れを落としたい
  • 床の汚れ落としにも使いたい
  • 複数箇所をまとめて掃除したい

殺菌やヌメリ取り、石けんカス汚れなど、洗剤を沢山使っても落としにくい汚れも高温蒸気を使えば簡単です。

最安値で買う方法

スチームファーストDXの購入は、直営店が最安値です。

中古品がメルカリなどで売られていることもあります。それでも、価格は、新品より5~8千円程度安いくらいです。別途、送料もかかります。

スチームクリーナーを使用すると、タンク内にカルキが残ります。時間が経つと、白いカスになることもあります。

直営店経由なら、新品未使用だけでなくメーカー保証が付きます。全て込みで、2万円以内で購入できます。

>>スチームファースト直営店はこちら