鍋底にこびりついた蕎麦をスチームで取る

食器洗いも担ってくれる我が家のスチームファースト

食器関係でまたしても困ったことがありました。

スチームファーストミニでの鍋のアク取りをした続きになりますが、更にしつこい汚れに遭遇したので、また、スチームの力で綺麗にできるか試してみました。

その汚れというのが蕎麦を茹でた時にステンレス製の鍋底についたこびりつきです。

これも結構しつこくて中々取れないんですよね・・・。

蕎麦を茹でる際のお湯の量が少ないとこのようなこびりつきが起こりやすくなる気がするんですが、お湯を入れ過ぎると沸騰した瞬間に溢れてしまうので難しいところです。かといって大きな鍋を出すのも面倒くさいし・・・。笑

洗剤を付けてゴシゴシ洗えば取れるというものではないので、中々の力作業になってしまいます。リラックスしたい直後には一番やりたくない作業です。

時間を短縮する為に、金ブラシのようなもので磨けば簡単に取れるかもしれませんが、それをしてしまうと、ステンレス鍋の方が傷だらけになってしまいます。

では、そういう事なので・・・。
我が家のスチームファーストミニの出番です!

このような熱でこびりついた汚れに対しては、同じ熱を使ってどうにかするのが一番手っ取り早い!

今回は、汚れの種類が油なども混ざっているものではないので、専用洗剤スチームマジックは使いません。

パイロットランプが消えたところで、早速、鍋底をビニールのブラシでゴシゴシ。

ものの1分もかからず、いとも簡単に汚れが落ちてしまいました。

こういうこびりつき系の汚れは、水でつけ置きしたり、熱湯を注いでもそれほど綺麗には取れませんが、高温スチームを次から次へと受け付けていく事で、汚れを落とすというか糊のような部分を溶かしていくような感じでしょうか。

本当に綺麗になったのでしょうか?

さすがに、磨ききれてない部分が少しは残っていますが、この程度なら簡単に洗い流すことが出来るので上出来です。

何にしても、こういう使い方も出来るので家の中の掃除以外でも使用用途が広がります。

ただし、一点注意すべきことは、スチームファーストミニは、傾けの角度によっては、スチームの威力が弱くなってしまうので、作業効率を気にするなら、ノズルタイプのスチームファーストの方が確実です。

>>スチームファーストミニの詳細はこちら

関連記事