古い商店の鏡や棚、まな板などの掃除

キレイになったら、汚れが目立ちました

母方の実家の古く小さな商店の鏡や棚、まな板などをスチームファーストDXでキレイにできるか試してみました。

小さい商店が何十年と生き残るのが厳しい時代ながら、未だ閉めること無く、私の母親と叔父さん、定年後は、父親も加わり3人で頑張っています。

全員60代なので、掃除に時間を割く暇がなく、汚れが目立つ場所が増えてきたので、多少でも見栄えを良くしようと思ってスチームファーストDXを持ち出して掃除してみました。

まずは、この大きな鏡に取りかかります。

汚れが目立って、全体的に曇っています。

鏡やガラスは、三角ブラシにカバーを付けて磨きます。とりあえず、スチームマジックを使わずに汚れを落としてみます。

ヤニのような汚れが結構付着しました。これは、掃除のやり甲斐を感じます。

小さいハシゴを使った高所作業なので、スチームファーストDXのホースがちょっと足りず、商品棚の上に乗せて作業しました。

高所作業にキャニスタータイプは、不便ですね。

アイリスオーヤマのホース付きのハンディタイプが欲しくなりました。

もしくは、ケルヒャーの高圧洗浄機のような延長ホースが欲しいところです。

鏡は、特に汚れがしつこいことも無く割と楽に終わったのですが、鏡に反射する天井の汚れが気になり始めました。

続いて、醤油がそびえ立つ棚の上にある横長の鏡をキレイにします。

最初の鏡と同じ要領で上下左右にゴシゴシとやっていくと、さすがに汚れが取れにくくなってきました。

汚れが結構付いたので、何度か石けんをつけてお湯で洗いながら作業したのですが、結構熱くてすぐには洗えませんでした。

なんとかキレイになりました。やっぱり、鏡に映る天井の汚れが気になります。

この鏡をキレイにしている時、見てはいけないものを見てしまった気がします。棚の天板に積もった長年のホコリです。

仮にも食料品店でこれはいただけません。

何十年とこの状況で、未だ食中毒者が一人も出ていないのが奇跡のようです。

通ってくれているお客さんは、この辺を理解してくれる寛大な方々ばかりなのかもしれません。

こんなこともあろうかとダイソンも持っていたので、ある程度ホコリを取ってから、床用モップで壁と棚の上面をキレイにしてみます。

この床用モップが一番気持ちよく汚れを落とせる気がします。

ここも汚れがひどいので、店中掃除しないといけない危険を感じてきました。ある程度のところで、見て見ぬフリしたいと思います。

やっぱり、モップが熱くて冷まさないと洗えません。

それなりにキレイになったので良しとさせていただきます。

続いて、一番大きなこの鏡ですが、鮮魚コーナーの上にあるので、ところどころに塩が付いていて汚れも一番ひどいです。

ここは、スチームマジックを適度に使いながら、20分くらいの作業でキレイになりました。

作業は、まだ終わりません。

すっかり黒ずんでしまったまな板を、どうにかキレイにしたいという使命感が出始めてしまいました。

とりあえず、スチームマジックをかけつつスチームファーストDX付属の小さいブラシでやってみたのですが、あまり効果がありません。

そこで、スチームファースト・ミニ用のブラシをスチームファーストDXのノズルに強引にねじ込んで、スチームマジックをかけつつ30分位ガシガシと磨きました。

最初に比べたら、大分マシになりましたね。

ついでに、シンクや排水溝のヘドロ汚れもやってみたものの、スチームよりカビキラーの方が効き目がありました。

物体化してしまったヘドロ系の汚れは、スチームの蒸気では、溶かすというより飛ばしてしまいがちな気がします。

ある程度溶かすには、次亜塩素酸系の強酸を用いた方が的確だと思いました。

その後、スチームファーストDXにブラシを付けて排水溝の中に入っている網の溝を掃除したら、ヌルヌルも無くなりキレイになりました。