【実践7】床用パーツでバスタブや床・壁の掃除

リビングの床以外にも使えるフロアモップ

新バージョンのスチームファーストDXでの初作業は、浴室に決まりました。

最近、少し浴室の床がヌルヌルしている感じが有ったのですが、バスマジックリンなどでも綺麗に出来る程度かなと思っていたのでそのままにしていました。

そんな時に、スチームファーストの床用モップの事を思い出して、「あれ、風呂場の床掃除に使えるじゃん!」ということで、実際にどんなものか使ってみました。

今回使用するのは、いつものナイロンブラシとフロアモップと延長棒1本。

作業量から考えて、それほど沢山使わないと思うので、カップ一杯分だけ水を補充。

旧バージョンは、本体のカバーについている蓋を上げてその中のボイラーのキャップを回してという形だったので、この位置だとキャップを外すのも楽でいいですね。

スイッチもシンプルかつコンパクトになって良かった。

運転性能に関しては、何となくボイラーが熱くなるまで時間が伸びかなぁと感じなくはないですが、出てくるスチームのパワーは、以前よりも増しているのではないかというくらいだったので、使用に関しては特に問題はなさそうです。

青いパイロットランプが消えて、準備が整ったら作業開始です。

どちらかというと速乾性の有る床なのですが、やはり、若干ヌルヌルしてきた感じがあります。それに、隙間など所々赤カビも見えてきていますね。

と、思っていたら、ドアの下の部分がそこそこ汚れていたので、まずはここから綺麗にして行こうと思います。

続いて、バスタブと台の隙間。

この辺は、ナイロンブラシで少し擦れば簡単に赤カビは落とせますね。

こんな感じで、隙間の目立つ赤カビは、見つけてはナイロンブラシという流れで落としていきます。また、今回は、新しいスチームクリーナーの性能を確認する為にスチームマジックは使っていません。

洗剤を使えば更に効率よく綺麗にすることができますが、それがなくても蒸気の力だけでどうにか出来るのは、やはりいいですねぇ。

ということで、ようやく浴槽の床をきれいにしていきます。

このように、延長棒が付いてさらに床までとなると距離が長くなる分、スチームの温度が下がるのではないかと心配になるかもしれませんが、拭いた部分は、足を乗せるのをためらうくらい熱くなっていますので要注意です。

と、ここで、何となく「あ、バスタブにも使えるじゃん!」と思って実践してみましたが、何の問題もなく普通に使うことができました。

夏場はシャワーだけにしていたら、バスタブの中にもうっすらと赤カビが発生していたので、スチームファーストの熱でしっかり殺菌できて気分良くお風呂に入ることができそうです。

バスタブだけじゃなく、浴室の壁だったり鏡だったりと、スチームクリーナーを1台持っていれば、洗剤やスポンジでガシガシ磨く必要も無くなるだけではなく、意外と落ちない雑菌系の汚れ落としにも優れているので、やはり便利だなと感じます。

そして、使い終わったフロアモップは、このまま洗濯機で洗えば、終了。

という感じで、今回は、フロアモップを有効活用して浴室内を1チームの力で熱殺菌+汚れ落としという掃除の方法を実践してみましたが、中々満足度は高いです。

関連記事