長時間使える3つの製品が人気

スチームクリーナーの人気ランキングが意外!

スチームクリーナーが日本でも売られるようになってから、私も1台くらい欲しいなとずっと思っていました。家もそろそろ古くなってきたせいか、年々汚れが落ちにくくなっているので、スチームクリーナーで徹底的にお掃除をしたいからです。

ぞうきんやスポンジなどでいくらゴシゴシやっても取れないような油汚れ、泥汚れなどが、専用の機械と水だけで取れるというのはかなり画期的な印象があります。

「でも、どれが良いのかサッパリわからない・・・」

そこで、ある程度目星をつけるために、スチームクリーナーの人気ランキングを調べてみたところ、割と意外な結果だった印象があります。

個人的には、軽量さやコンパクトさ重視のハンディタイプやモップタイプのスチームクリーナーが上位にランクインしていると思っていました。

ですが、実際は、上位人気の製品3つとも掃除機と同じくらい大きさのあるキャニスタータイプのスチームクリーナーだったんです。具体的には、以下のような順位でした。

  • 1位:スチームファースト
  • 2位:ケルヒャー スチームクリーナー SC1040
  • 3位:ケルヒャー スチームクリーナー SC2.500C

もちろん、スチームクリーナーのメーカーの中でも有名どころから販売されているという理由もあるのですが、やはり大きいのは連続使用時間みたいです。

ハンディタイプやモップタイプだと、小さい分5~10分くらい使うとすぐに蒸気が切れてしまうのだとか。

そのため、家規模で掃除したい場合は、このランキングの通りキャニスタータイプのスチームクリーナーを選んだ方が良いそうです。

ケルヒャーは、高圧洗浄機など世界的にも販売台数の多い有名なドイツのメーカーですが、それよりもスチームファーストが一番人気だったのは、正直驚きです。それだけ、スチームクリーナー専門のメーカーとして実力があるのかなと思いました。

人気の理由は安さのようです

スチームクリーナーのランキングをいくつか回ってみたのですが、どこもスチームファーストが1位にランクインしていて驚きました。スチームファーストの他にも、キャニスタータイプのスチームクリーナーはいくつかあるのに、その中でも、なぜこのスチームファーストが1位なのでしょうか?

調べたところ、キャニスタータイプのスチームクリーナーの中でも、スチームファーストがトップクラスで安いということがまず分かりました。

具体的には、キャニスタータイプのものには他に、ケルヒャースチームクリーナーSC1040、同SC2.500Cなどがあるのですが、それらが2万円弱から3万円以上する一方、スチームファーストは18000円以下でした。

また、安いからとその分性能が劣る訳では決してなく、連続使用時間が45分と、ケルヒャースチームクリーナーSC1040に比べて15分も長く、スイッチロックオン機能がついている関係上、スイッチをずっと押していないと蒸気が出ないという煩雑さが無いため、使いやすさの面でもとても優れているみたいです。

安い上に使いやすいなんて、正に至れり尽くせりですね。

そのため、スチームクリーナーで色々掃除をしたいけど、たくさんあってどれを選べば良いか分からないという人には、このスチームファーストがおすすめとのことでした。

関連記事

メニュー