油汚れにはスチームクリーナーが効率的

ベトベト系の油汚れを落とすには最適

キッチン周りの油汚れは、べとつく前にどうにかしたいと思うものですが、ついつい掃除をおろそかにしていると、洗剤を使ってしっかりゴシゴシやっていても中々汚れが落ちないなんて事は少なくありません。

しかも、換気扇に付いている金属フィルターには、ホコリと油が混じった状態で付着しているので、キレイにするのも一苦労・・・。

じゃあ、洗剤以外に油汚れを落としやすくする方法が無いのか探してみたところ、気になったのがスチームクリーナーを使用する事です。

蒸気の力を利用して汚れを浮かしやすくする方法ですが、そもそも、汚れというのは、温度が高くなると落ちやすくなるらしく、その原理を利用して辿り着いた効果的な方法なのだそうです。

高温の水蒸気をノズルから噴射し、熱と水分により油を浮かせる事で落としやすくするので、お湯を使って掃除するよりも強力な上位互換なのだと言えます。

ただし、汚れが落ちると言ってもしつこい油汚れを水蒸気だけで落とすのは難しいので、洗剤と併用したりする方が良いようです。

私が使うとしたら、キッチンの油汚れもそうですが、結構気になるのが、オーブンレンジ内側の天井部分がオーブン機能で調理すると油が結構跳ねてこびりついているので、そこをまずはキレイにしたいですね。

これは、実際にやってみたのですが、油でも焼き切れた焦げは、スチームクリーナーでも難しいのでコンパウンドとかの出番になるかと思いますが、焼き切れていれば、そこまで気にする汚れではないかなとも思います。

また、スチームファーストのようなパワフルなタイプだと、蒸気もものすごく勢いよく出るので、換気をしながら行う方が良さそうです。

関連記事

メニュー