スチームクリーナーの種類

大きく分けて4種類あるようです

一概にスチームクリーナーと言っても、いくつかの種類がありますが、大きく分けて主に以下の4種類に分けられるようです。

ハンディタイプ

この4種類の中でも軽量で安価な印象の強いハンディタイプですが、加熱方式がパネル式のものが多い為、出てくる蒸気の温度も低く連続運転時間も短いので、最低限の仕事をしてくれるスチームクリーナーという感じでしょうか。

また、見た目も電気ケトルにスチームのノズルが付いているような形でもあり、実際の使用用途を考えても、ヤカンの熱湯を少しかけて掃除をする代わりとしては良さそうです。

スティックタイプ

スティックタイプは、見た目もそのままに床に特化したスチームクリーナーという感じがありますが、その使用用途から加熱方式がパネル式で蒸気の噴射圧力も低いので、湯切りした雑巾で床掃除をする代わりのような働きだと思います。

また、製品によっては、2WAYになっていてハンディのように使えるものもありますが、蒸気の力で汚れを落とすという目的での使い方には、力不足なのは否めません。

コンパクトタイプ

コンパクトタイプは、見た目は取手も付いていてハンディと遜色ないので、手で持って使う事も出来ますが、先端にキャニスターのようなホースが付いていて置いたままでも掃除が出来るように工夫されています。

加熱方式として用いられているのは、製品によってパネル式だったり、ボイラー式だったりと異なるようなので、待ち時間無く拭き掃除の代わりに使いたいならパネル式、本格的な汚れ落としとしてならボイラー式が良いのかなと思いました。

いずれにしても、時々使用する程度でそこまで本格的な性能は要らないけど、ある程度の仕事はして欲しいというならコンパクトタイプのボイラー式が良さそうです。

キャニスタータイプ

キャニスタータイプのスチームクリーナーは、キャスターの付いている掃除機のように床の上を自走させて使用するタイプですが、それだけ、ボイラーも強力でタンク容量も大きな重量級です。

シンプルに考えるなら、設置型の加熱ボイラーをぎりぎりまで軽くしてどうにか移動できるようにしたという事なのかなと思えなくもありませんが、それだけ蒸気の温度も圧力も高く、強い汚れ落としにも適していると言えます。

反対に言えば、キャニスタータイプで落とせない汚れは、他のスチームクリーナーでも落とせないので諦めた方が良いかもしれません。

キャニスタータイプを使用するメリットは、高温高圧の蒸気が出る事と連続運転時間の長さなので、ひどい汚れを落とすのに手作業じゃとても無理という時に、良い働きをしてくれる事が期待されます。

関連記事

メニュー