スチームファーストに決めるまで

キャニスタータイプなら間違いないかなと

スチームクリーナーは、今まで使用したことが無かったんですが、最初から、キャニスタータイプのスチームファーストを購入しました。理由は、ハンディやコンパクトタイプだと汚れが落ちないリスクがあるけど、キャニスターなら機能的にもそういう事が少ないと感じたからです。

安かろう悪かろうというか、安さに釣られて汚れが落とせないものを買った時のショックは大きいですから。

掃除用具に限らず、今まで色々な家電を購入してきましたが、良くあるのは、「初めてだし、まずは、お試し感覚で・・・」と思って、レビュー件数の多くて安い商品を購入すると、大抵失敗してきたことです。

安いから手に入れやすく、コスパが良いから何となく評価が良くなってしまう商品は、実際に使ってみると失敗だったなと思う事が多かったので、自ずと安くてチープな感じの商品は避けるようになってきました。

ある程度価格が高くても、しっかり作られている商品は、購入した後に良かったなと思う事が多くあります。

安くて数回使ったら結局ゴミになって捨ててしまうものよりも、多少高くても、長く使い続けられる方が掃除にかかる手間も減って、結果的に楽できます。

タンク容量もハンディタイプだと缶ジュース一本分(350ml)程度なので、色々な箇所を掃除するとなると、何度も給水を繰り返さなくてはなりません。

掃除の途中で蒸気が切れて水を補給し、また、運転開始まで待って掃除再開というのを何度も繰り返すと効率は大分落ちてしまいますが、スチームファーストなどキャニスタータイプのようにタンク容量が大きいと、一度の給水である程度の掃除を済ませる事も可能。

それでなくても、しつこい汚れを落とすには時間がかかるので、一旦給水が必要になると、「疲れたしまた今度で・・・」と面倒くさがりの私の性格を考えても、気持ちも切らさないで掃除出来た方が助かります。笑

そういう意味でも、キャニスタータイプの中でも連続運転時間が長いスチームファーストにして良かったなと思えます。

関連記事

メニュー