スチームマジックでフライパンの油汚れ落とし

フライパンの油汚れがどのくらい落ちるのか実験

スチームファースト専用洗剤『スチームマジック』を使って食器の油汚れを落とす方法がある知ったので、炒め物を調理した後のフライパンでどのくらい落とせるのか実際に試してみました。

このステンレス製のフライパンですが、全体的にギトギト、中央付近の一部は、肉が焦げ付いている部分もあります。そんなに、頑固な汚れではなさそうです。

スチームマジックをフライパンの油汚れ落としに使うなんて、思いつきもしなかったけど、経口安全性テストも行っているからこういう使い方もできるそうです。

市販の洗剤と同じではないので要注意。

全体にまんべんなくスプレーしていきます。

少しの間、このままで放置しておきます。

全く手を触れていない状態でどのくらい落とせるのかお湯を流してみたところ、まとまった油の浮きも少なかったのでシンクのベトベトも防げそうです。

フライパンの方は、全体の油はある程度落とせたものの、中央付近の焦げ付きはさすがに落とせませんが、この状態でもう一回スプレーしたらある程度油汚れがさっぱりしたので、仕上げにスポンジで軽くこすったらすぐに取れて、表面もスベスベになりました。

「結局スポンジ使うんかーい!!」と思われるかもしれませんけど、最初からスポンジ使っちゃうとその後洗う食器に油が移ってしまいベトベトしてくることがありますが、この方法ならある程度油を落とせているのでそれもなくなります。

何にしても、ノータッチである程度の油とおさらばできるのは、ナイスな使い方だなとこの方法を最初に行った人にグッドを送りたい気持ちです。

オーブンレンジの受け皿、グリルの受け皿などにも使えそうなので、色々な洗剤を捨ててスチームマジックに統一しようかなと考えてます。