大型キャニスタータイプで特に人気なのは?

持続時間と手頃な価格が口コミでも人気

スチームクリーナーの性能について、各メーカーのレビューなどを参考にしてみるとかなりピンキリな印象を受けました。

そのため、せっかく買ったのに全然ダメ。でも、勿体ないから捨てるに捨てられないという人も少なくないそうです。スチームクリーナーってコンパクトなハンディタイプのものですら、1万円くらいしますから、なるべくそういう失敗は避けたいところです。

どうせ買うなら、ちゃんと重宝するものを選びたいところです。

ですが、スチームクリーナーを販売するメーカーの広告サイトを見ても、どこも似たり寄ったりのことしか書いていないので、よりリアルな情報を求めてレビューの多い口コミサイトなどを回ってみました。

すると、意外なことに、口コミで人気のスチームクリーナーは、小型で手軽なハンディより大型のキャニスタータイプのものばかりでした。

具体的な製品では、ケルヒャースチームクリーナーSC1040と同SC2.500C、あとはスチームファーストの3つですね。大きいため多少収納スペースはとりますが、水を入れるタンクが大きいので、蒸気が出続ける時間がとても長いため、仕事が捗るみたいです。

まさに、大は小を兼ねるという事ですね。

ちなみに、この3つの中でも特に人気なのは、スチームファーストでした。
理由は、他の2つに比べて値段が手頃な2万円以下なのに加え、連続使用時間も45分と程よく長めで、スイッチロック機能もついていてとても使いやすいからです。

45分もあれば、大抵のお掃除には十分です。

実際に使ってみると、どこか決められた場所のしつこい汚れを落とす程度なら、専用のカップ1杯(500cc)補給程度でも十分キレイに掃除が終わるので、性能的には十分かなと思いました。