連続運転のタフさと手頃な価格で人気

連続運転時間45分というタフさで人気のスチームファースト

私も実際に購入したスチームファーストですが、やっぱり評価の高さから気になっていました。この評価が高さは、販売歴が長いからというだけでなく性能が高いからという理由が大きいというのも魅力だと感じていました。

では、スチームファーストは、具体的にどのような部分で性能が優れているのでしょうか?

まず、根本的な区分として、スチームファーストは、キャニスタータイプのスチームクリーナーだというところがあります。

手軽に使い始められるハンディタイプやモップタイプのものに比べて、水を入れるタンクの容量が大きいため、高温の蒸気を長時間に渡り出し続けることができるんですね。

ちなみに、スチームファーストの連続使用時間は45分とのことでした。

また、スチームファーストには、他のキャニスタータイプのものには無いスイッチロック機能もついています。一度スイッチを入れたら、次に切るまで蒸気がずっと出続けるロック機能があるという事です。

もちろん、解除する時もワンタッチで簡単なので使い勝手が良いと感じました。このスイッチがあるメリットは、ずっとスイッチを押し続ける必要がないため、掃除もその分楽にできるとのことでした。

そして、これだけパワフルで使い勝手も考えられているのに値段がお手頃なところも人気の理由みたいです。他のキャニスタータイプのスチームクリーナーは、安くても2万円以上するのに、スチームファーストは、付属品も色々有って2万円以下で購入できます。

「ハンディよりキャニスターだわ」と直感的に思えていても、価格が高いとどうしても手が出しにくいですが、その点もちょうど良い価格設定なのかなと思います。