ガスコンロ周辺の油汚れ落とし

ガスコンロのしつこい油汚れで実践してみました

定番と言えるガスコンロの油汚れ。
スチームファーストの威力を試してみました。

ちなみに、今回は、他にも色々と掃除するので、最初から満タン(1.5㍑)の水を補充してから行っています。

写真を見る限りでは、そんなに汚れているように見えませんが、実際には、結構汚れてベトついていました。まずは、取り付けたままの状態で実践してみます。

ガスコンロにこびりつく古い油汚れは、直火であぶら続けたり吹きこぼれで色々と混ざった状態で固着してしまうので取るのが大変です。

特に、隙間に入り込んでいる部分は、洗剤だけで普通にやっても落ちるには落ちるけど、粘着性の油が溶けきらずぞうきんやスポンジがベタベタ。

油を塗り伸ばしているような感じになって嫌です…。

今回は、スチームファーストを使用する前に一緒に使うと汚れが落ちやすくなるスチームマジックも沢山使っていこうと思います。

という事で、まずは、スチームマジックを全体に満遍なくスプレー。

後は、一番使うスチームファーストの小さいナイロンブラシでガシガシとやっていくだけの繰り返しです。

部品は、ある程度べたつく部分が無くなってきたので、外せる部品はキッチンハイターのお湯に浸け置きました。

続いて、接合部の隙間も全体的にやっていったのですが、「汚れも大分取れたかなぁ」と思っても、隙間から、どんどんドンドン、茶色い油混じりの汚れが出てきます。

汚れは、その都度ぞうきんで拭き取り、またスチームマジックをスプレーしてからスチームファーストと根気強く行っていきました。

やっぱり、この写真じゃわかりにくいですが、ベトつく部分は、あらかたキレイにする事が出来ました。後は、固着して炭化した汚れですが、これは、ほぼ鉄さびみたいな感じでベトベト感はほぼ無いので今回はパスしておきます。

地味に、コンロ脇の部分も茶色い汚れがヤニのようにこびりつき、結構取るのが大変でした。まずは、スチームファーストだけで何度もガシガシやってもいまいちだったので、スチームマジックを使ってやったら結構良い感じにキレイになりました。

ガスコンロ1回目は、こんな感じである程度キレイにできたと思います。