人気のボイラータイプで選ぶとすれば?

しっかり洗浄できるボイラータイプから選ぶ場合の注意点

スチームクリーナーで本格的な掃除を考えているなら、パネル式よりもボイラー式を選んだ方が良いみたいです。

なぜなら、パネル式よりもボイラー式の方が、出てくる蒸気の温度が高いからですが、パネル式は、高くても90℃程度なのに対し、ボイラー式は、100℃近くの蒸気が出るそうです。

たかが10℃前後の違いと思いかねませんが、温度が高ければ高いほど洗浄力もアップしますし、出てくるスチームの圧力も強くなり吹き飛ばす威力もアップです。

しかし、その違いに関しては、あまり商品説明では触れられていないことが多く値段的にもパネル式の方が安いため、何も知らず値段だけ見て買ってしまい、後であまり効果が無かったと後悔する人が多いのも現状だそうです。

それなら、最初からボイラー式に絞った方が良さそうですね。

という事で、欲しいスチームクリーナーのタイプをボイラー式に限定してみた場合、注意点などは無いのでしょうか?

今では様々なメーカーからスチームクリーナーが販売されているので、ボイラー式のものというだけでもかなりの数の中から選ばなくてはなりません。

こういう時は、実際に使われている方の評価を参考にすると探す手間を省くことができるので、手っ取り早く商品レビューや口コミでの評判を参考にしたところ、スチームファーストというのがどうも人気だと知りました。

実際に調べたところ、普通の掃除機のようなのでコンパクトではありませんが、サイズが大きい分タンク容量も大きく一度に水を沢山入れられるので、連続使用時間が45分とクラス最長だそうです。

スチームクリーナー選びは何を基準にすれば良い?

キッチン周りの油汚れやしつこいカビ菌を殺菌する目的などで、スチームクリーナーを購入したいと考えていますが、どれが良いのかいまいちわかりません。そこで、色々と調べてみたら少し的が絞れてきました。

まず、ある程度の広い範囲を掃除する目的で、スチームクリーナーを購入する場合は、キャニスタータイプのものを選ぶことが推奨されるそうです。ハンディタイプやモップタイプの方が、コンパクトで収納的には助かりますが、水を入れるタンクが小さい関係上、それらだと精々5~15分程度しか連続して蒸気を出せないとかで。

そのため、水を入れるタンクが大きい分、連続使用時間もある程度長い、スチームファーストsf-275やケルヒャーSC1040などのキャニスタータイプのものが良いそうです。では、その2つだと、更にどちらが良いのでしょうか?

値段は、前者の方が2~3千円安いくらいなので、ここは使いやすさで比較してみました。

まず、気になる連続使用時間ですが、スチームファーストsf-275は45分である一方、ケルヒャーSC1040は30分とちょっと短いそうです。しかし、重量だとケルヒャーSC1040の方が優れているみたいです。

なぜなら、スチームファーストsf-275が4.6キロもある一方、ケルヒャーSC1040はそれよりも大分軽い3キロだからです。

となると後は、長い連続使用時間を選ぶか、軽さを選ぶか、ですね。個人的には、キャニスタータイプだと平らな所ならゴロゴロ転がして移動できて、実際に持ち運ぶのは階段だけのことを考え、少し安いスチームファーストsf-275が良いと思いました。

関連記事

メニュー