スチームクリーナーを買うならボイラー式

スチームクリーナーはボイラー式がおすすめ!

スチームクリーナーは、その名前の通り、蒸気を出すことで汚れを落とす掃除用具です。蒸気が汚れを分解して浮かすことで落としてくれるため、スポンジ等でゴシゴシこする必要が無いんですね。

そのため、キッチンの頑固な油汚れを落としたり、車や外壁など、こするのが躊躇われるような部位を掃除したりするには良いそうです。

しかし、ちゃんと汚れを落とすには、その蒸気が高温じゃなければいけません。
個人的には、スチームクリーナーならどれも同じと思っていたのですが、2つのタイプがあるらしく、それを間違ってしまうと場合によってはあまり使えないで終わるみたいです。

具体的には、スチームクリーナーには、水を沸騰させて蒸気を出すボイラー式と、水を熱い金属パネル上を通過させることで蒸気を出すパネル式があって、後者の方はどうしても蒸気の温度が低めなのが欠点みたいです。

何度とまでは詳細に書かれていませんでしたが、ボイラー式だと噴射蒸気は100度程度と言われているので、それ以下であることは間違いないと思います。

もちろん、パネル式のスチームクリーナーはボイラー式のよりも安いという利点もありますが、使い勝手がその分悪いならちょっと考え物です。そのため、性能で選ぶならボイラー式のスチームクリーナーが良いと言えます。

ボイラー式とパネル式を比較すると

スチームクリーナーには、2つのタイプがあるそうです。

1つはボイラー式で、もう1つはパネル式です。
ちなみに、スチームクリーナーの中でも有名なスチームファーストはボイラー式で、シャークスチームモップはパネル式に分類されるみたいです。

では、実際のところ、ボイラー式とパネル式では、何が違うのでしょうか?

調べたところ、パネル式だと、水を内蔵された加熱パネルを通過させることで、ボイラー式だと、水を機械内部で沸騰させることで、スチームを発生させているとのことでした。つまり、あの熱い蒸気の作り方が違うんですね。

こうした違いから、パネル式の方が、水を入れてから蒸気が出てくるまでの時間が、ボイラー式よりも短いそうです。具体的には、ボイラー式だと7~8分かかるところ、パネル式だとものの数十秒しか要しないとのことでした。

この違いはかなり大きいと思います。

ただし、パネル式はその分、汚れを落とす威力がボイラー式よりも劣るみたいです。

なぜなら、水を直接沸騰させているわけではない関係上、どうしても蒸気の温度が少し低めだからです。そのため、こびりついた汚れを落としたり、外で作業したりするのには向かないとのことでした。

関連記事