スチームクリーナー

油汚れ以外にも色々な用途に活用できる

  • しつこい油汚れを取る為 → 簡単に取れるのは助かる
  • 油のこびりついた鍋やフライパンにも使いたい → コンパウンドやタワシ不要
  • 水垢を簡単に除去したい → シンクやステンレス食器など
  • 殺菌も同時に行え排水溝などもキレイにしたい → カビキラーでも取れにくい
  • 洗剤を使うとむしろベタベタする事があるから → 拭き取るのが二度手間
  • 強力洗剤を使えないものでもキレイにしたい → 木製食器など
  • 高圧洗浄機でも取れない汚れを取りたい → タイヤホイールの汚れなど

一つ持っていると、色々な用途へ活用する事ができるとわかります。
しかし、商品もピンキリなので条件を絞る必要もあります。

  • スチーム力が十分高い事(大前提)
  • 一度の水補給で沢山使える事
  • コードも長く伸ばせて楽に移動が出来る事
  • アタッチメントは出来るだけシンプルで機能的な事
  • 少し高くても良いから壊れにくいこと
  • キッチン周りだけでなく、衣服にも応用できる事

とりあえず、スチームリーナーに求める条件は、このようなところです。

やっぱり、油汚れなど簡単に落ちにくいのも水(蒸気)の力だけで落とせるというところがスチームリーナーの最たるところですが、それが出来るという事は、すなわち、今まで使用してきた色々な洗剤を使う必要もなくなる事も期待しています。

特に、カビキラーなどは、排水溝やお風呂など必要性が高いものですが、同時に、身体に良いものでも有りません。皮膚が溶けるだけでなく、発生するガスも注意が必要。目にしみるという事は、身体に良くないですから。

それがなくなり蒸気の力だけで汚れも取れ、高温なので細菌類も一網打尽。
これほど、環境にも人にも優しく強力な洗浄方法は、他に無い気がします。

という事で、スチームリーナーを購入する場合の候補を挙げてみました。

スチームクリーナーの候補

相場がわからないと何も始まりません。
めぼしいところをリサーチしてみました。

種類 品番 通常販売価格 Amazon価格
スチームファースト SF-275WHDIR \19,900 \21,200
ケルヒャー SC1020 \18,333 \13,800
ケルヒャー SC1040 \20,800 \15,661
ケルヒャー SC3000 \21,878 \20,380
アイリスオーヤマ STM-410 \9,504 \9,226
アイリスオーヤマ STM-415 \20,366 \11,467
アイリスオーヤマ HSC220-W \16,798 \14,387
シャークスチームリーナー  SSAB01KD \19,800 \10,900
シャーク スチームモップ   \10,584 \8,174
エレクトロラックス ESG303   \12,800  

色々と候補があるのですが、予算は、2万円以内に収めたいところです。

ケルヒャーのスチームクリーナーは、色々とグレードが有り、それに応じて価格も異なるのですが、SC4.100Cだと3万円以上など、色々と種類があるようなので少しワカリにくいのが難点です。

その辺を考えると、一つのメーカーからは、一つの商品でという形にしてもらった方が購入する側として迷わなくて済むのですが、それらを踏まえてもやはり予算は、2万円までと決めた方がスチームリーナーの選択肢も限られてくると思います。

また、使いやすさならハンディタイプのものが便利なので、エレクトロラックスのESG303、他にも、ケルヒャーのSC1なども候補となりそうですが、やはり、タンク容量とスチームのパワーで考えると、ちょっと無しかなと思いました。やはり、パワーと持続力が無いと、買う必要性が無さそうな気がしますので。

ケルヒャーの高圧洗浄機の失敗経験を踏まえると

ケルヒャーと言えば、スチームクリーナーよりも高圧洗浄機というイメージがあります。というより、実際に、洗車目的で購入して使用していました。

しかし、汚れが取れるどころか…。
車のボディの付着した砂埃は、ケルヒャーでは取れません。結局、家庭の水道レベル水量に対して、コンプレッサーの要領でいくら勢いをアップしたところで目に見えています。

ただし、コンクリート壁などの汚れを落とすのには、向いている気がしますが、家の外壁で試したところ、ペンキがはがれて大変な事になりました。

  • 車:砂埃は落ちない程度でしかない
  • 家:外壁のペンキが落ちてしまう程

結局、最適な使用方法は、庭の壁など一部に限られます。
そんな高圧洗浄機の経験も踏まえると、結局ケルヒャーは、どこかミスマッチなんだろうなと自ずと避けたくなるイメージです。

購入が殺到するのは年末の大掃除時期

スチームクリーナーの購入が殺到するのは、明らかに年末のようです。
12月に入ってから集中的に売れるのが毎年続いているようなんですが、その理由は、やはり大掃除時期の影響が強いです。

それを見込んでジャパネットタカタなどの大手をはじめとして、様々なところでスチームクリーナーの販売が開始されますが、購入タイミングとしては、この時期で良いのでしょうか?

  • 実は、それほどお得ではない
  • 注文殺到で在庫切れする可能性

でも、あれらのTVショッピングでは、その時期だけとてもお得なキャンペーンのようなイメージですが、ネットで探してみると通年でその価格だったりすので、やはりネット購入がお得な事に変わりありません。

それに、在庫数が比較的多くスムーズに手に入りやすい夏場などの時期に比べて、注文殺到で在庫切れする可能性があったり、届くのがいつもの1.5倍、2倍と遅れたりする事も考えられます。

場合によっては、注文数が増えたことで価格が値上げされて、全然お得に購入できなかったなんていう事もあり得ます。ここ数年、色々な家電の価格をチェックしていますが、結構前に製造された機種でも人気のあるものは、値崩れしない傾向が強い気がします。

これは、スチームクリーナーに限った話とはなりませんが、需要が高まり競争となれば、価格も届くまでの時間も妥協しなくてはならないものです。

そうなるのを避けるためには、まだあまり売れていない時期に狙って買う方が賢いなと思わざるを得ません。

スチームファーストsf-275ならタフに使える割に安い

スチームクリーナーは、本格的なキャニスタータイプのものを買うとなると、結構高くつくイメージが強いと思います。実際、ケルヒャーのキャニスタータイプのスチームクリーナーだと、どんなに安くても2万円くらいはしますし、すごいのだと3万円を超えるのもありました。

でも、レビューを見ると結構意見が分かれるので、私がケルヒャー製品に抱いている「ちょうど良い使い心地にならない」(ミスマッチ)という事を他の方も感じているのかもしれません。

しかし、この価格だと性能は劣ってしまわないのかが気になるところです。

個人的には、そこが心配で調べてみたところ…全然そんなことはないと分かりました。
寧ろ、先に挙げた2万円くらいのケルヒャーのスチームクリーナーよりも、連続使用時間が15分長くて45分もあります。

加えて、掃除場所に応じて使える付属品が10種類以上入っていたり、水を入れても大きさの割にそこまで重くなかったりで、色々と他のメリットも多いとのことでした。こうして見ると、スチームクリーナーは、高ければ高い程良い性能が期待できるという訳では無さそうです。

それに、ケルヒャーだと家電量販店やホームセンターなどでも見かけますが、それだけ多く出回っているという事は、仲介業者が入る分コストも安くできる限界がありますが、スチームファーストは、直営店で取り扱っているので、中間コストも少なく、その分価格が安くできるのが利点です。

そうなると、もしも家電量販店などで取り扱いとなると、普通に、ケルヒャー以上の価格になるかもしれません。

>>スチームファースト最安値の国内直営店はこちら